模型と治療器具

遡る歴史

インプラント治療は近年注目を集めている歯科治療のひとつですが、実は日本ではじめてインプラントの手術が行われたのは1980年代のことと今から数十年も前のことです。

累計1万本以上です。神戸でインプラント治療を受けるなら、世界トップレベルの実績がある歯科クリニックを受診しましょう。

手術の工夫

インプラント治療というと外科手術が不可欠です。歯肉を切開し、歯根となる金属部品を顎骨に埋め込むというものです。切開することへの恐怖心を持つ方もいれば、はじめての手術に漠然とした不安感を覚える方もいます。

精密検査が可能な浅草の歯科クリニックを利用してみませんか?最適な方法でインプラント治療を行なうことが可能ですよ。

矯正の現状

日本は他の国と比べると、歯に対する認識や価値観が異なります。他の国では幼少期から矯正治療を受けることも多いですが、日本ではその認識があまりありません。そのため、審美歯科での治療も保険が適応されません。

多くの患者のために桐生市の歯科は治療を尽くします。世界にも認められるほどの技術が歯を健康へと導いてくれるでしょう。

信頼できる医院

歯の健康が体の健康になります。さいたま市の歯科クリニックは、患者の生活スタイルや個人の癖を考慮した上で治療方法を提案します。

総合診療で高度な治療が可能です。大泉学園の矯正歯科は今までとは違うスタイルの歯科となっています。歯に関する治療のほとんどが行なえます。

歯科医院でインプラント治療をする場合、信頼できる歯科医院を選ぶことが大事です。インプラントは体に埋め込むものなので、あまり安い素材のものだと耐久性が弱くすぐに取れてしまったり、炎症を起こしたりといったトラブルが起こるリスクが高まります。多少高価でも信頼できるメーカーのインプラントを使用すればトラブルが起こるリスクが低くなります。 また、「インプラント10年保証」などのサービスがある歯科医院を選べば、万が一手術をしてから10年以内に不具合が起こった場合に無償で再植立をしてくれます。 後悔しないインプラント治療をするためには、料金の安さよりも品質やサービス、ドクターの技量などから歯科医院を選ぶことをお勧めします。

インプラントの治療費は、使用するインプラント(人工歯根)の種類によって左右されます。アメリカやスイス、スウェーデンなどインプラント最新国の信頼できる一流メーカーのインプラントを使用すると手術費用が高くなります。世界レベルの高品質なインプラントは一本20万円前後します。一方日本で作られた国内メーカーのインプラントは一本10万円〜15万円と格安です。日本はまだインプラント後進国で歴史が浅いからです。 また、インプラントの上にかぶせるセラミックの人工歯(上部構造体)は10万円〜18万円ほどが相場です。インプラント手術をするのにかかる費用は、一本につきトータルで35万円〜45万円くらいかかると見ていいようです。