矯正の現状

明眸皓歯と言う四字熟語が日本には存在します。その四字熟語は美人を指し示す言葉であり、美人たるもの歯並びが美しく綺麗でなければいけないことを物語っているのです。しかし日本人は世界でも歯並びが悪い人が多いこと有名です。それは日本では幼少期から矯正歯科治療を適切に受ける認識や価値観があまり浸透していないためなのです。とくに日本では矯正歯科治療が審美性を高めるだけの治療との見方が強く、健康保険が適応しない自費治療のため多くの人が治療に二の足を踏む傾向にあるのです。そのため歯の表面にワイヤーや。ブラケットといった装置をつけ、微弱な圧力を加えて歯を動かしていく治療で平均100万円前後の治療費がかかると言われているのです。

また矯正歯科治療を受けるにあたって、問題になるのは費用だけではありません。歯の表面にワイヤーやブラケットをつけるのでその見た目の悪さに抵抗感を漢字、治療を断念する人が非常に多いのです。しかし最近では歯の表面に装置をつけず、見た目の悪さやコンプレックスを感じずに治療できる治療法が確立されているのです。それがインビザラインや裏側矯正治療というものなのです。裏側矯正治療は歯の裏側にワイヤーとブラケットを装着酢するので、矯正歯科治療していることを人に悟られる心配がないという特徴があります。しかし羽ノ浦に装置をつけ歯を動かしていくことは高度な歯科医の技術と専門知識が必要であり、従来の矯正歯科治療よりも二割程度費用が高くなるのです。