遡る歴史

日本では80年代に初めてインプラント手術が行なわれました。また、さらに時代をさかのぼり、古くはローマの遺跡にもその治療痕が発見されたという歴史もあります。現在行われている治療法へと発展したのは、1950年代に骨と結着する性質を持つ金属が発見されたことがきっかけです。その後、ねじ状の金属部品を使用した臨床実験が繰り返され、日本ではじめて手術が行われたのと同時期に世界的にも注目を集めるようになりました。画期的な治療法ではあるものの、インプラント治療には専用の医療機器や歯科手術に対する技術が必要であることもあり、一般に普及するまでに時間がかかったといわれています。

古い歴史を持つインプラント治療ですが、日本ではここ数年で急速に普及したという背景から比較的新しい治療法としての認識が強くあります。最近では治療に乗り出す歯科医院が増えていて、街中の一般的な歯科医院でも治療を受けることができるようになりました。それを受けて、歯科医院間の治療費に差が生まれています。インプラントの治療費は平均すると35〜45万円程度と言われていますが、相場より安く治療するクリニックが増えているのです。また、治療そのものにおいても、切開の数を減らした術式や専門の麻酔科医を用意するクリニックなど、患者の負担を軽減させるべく対応をするクリニックもあります。クリニックによって差はありますが、患者が利用しやすい環境へとむかっているということができるでしょう。